矯正歯科

矯正歯科

矯正について

普段このような思いをされていませんか?

  • 口元が気になって満足に笑えない
  • 歯並びが悪く引っ込み思案になってしまう
  • 歯を見せるのが嫌で手で隠してしまう
  • お子様の生えてきた歯がガタガタで心配
矯正歯科

悪い歯並びの例として、以下の様なものがあげられます。

矯正歯科

●叢生(乱くい歯⇨歯並びがガタガタ)
●過蓋咬合⇨深い噛み合わせ
などがあります。

矯正歯科

これらを治療するのが歯科矯正治療です。

当院では大人の矯正だけでなく、小児矯正も行っております。

乳歯が生えている状態の矯正は、皆様がイメージされる、歯に金属を装着する矯正ではなく、顎の骨の成長を促して、歯の生えるスペースを増やしてあげる治療がメインになることが多いです。

乳歯が生えているうちから矯正治療を行うことにより、大人になってからの歯並びが綺麗に生えそろいやすくなりますので、早めのご相談をお勧めします。

当院では月一回、矯正歯科の日がございますので、矯正をしようかお悩みの方もお気軽にご相談ください。

矯正治療の流れ

矯正相談
始めに治療に関する心配や疑問等をお聞きします。 患者様の歯並びを診査し、矯正治療の大まかな説明、見通し、見積もりをお話します。相談料として3,000円ご負担いただきますのでご了承ください
精密検査
診断に必要なX線写真、口や顔の写真撮影、模型作成、問診等を行います。この結果を元に、最良の治療計画を立てます。
矯正装置装着
治療装置は、患者様一人ひとりに合ったものを使い、一本一本の歯につけていきます。
歯の移動・定期的に通院
治療内容にもよりますが、一回の処置はおおよそ15分~1時間程で、1~2ヶ月に一度の割合で来院していただき、徐々に歯を移動させます。
保定装置(リテーナー)装着
長い間歯に装着されていた矯正装置を取り外します。 治療完成後の歯の位置の後戻りを防ぐための装置を装着します。
アフターケア
保定装置を付け続けながら、歯を固定し、噛み合わせを安定させます。 数ヶ月に一度の割合で通院していただき、経過を見守ります。

大人の矯正について

「矯正治療は子供の頃にするもの」という認識をお持ちではないですか?

もちろん、子供の時に矯正される方がベストだとは思いますが、現在は成人矯正の情報も増え、大人になってから矯正治療を始める方が、非常に増えています。

大人の場合、今までの歯の治療との兼ね合いや、歯茎の状態などによって治療処置が変わります。 被せ物をしている状態で矯正治療を始めると、様々な支障をきたすことがあるため、古い被せ物を入れ直すなど、矯正治療へ進むにあたって予備治療が必要となる場合もあります。

ただキレイに歯並びだけを整えるだけではなく、現在の歯の健康状態を把握した上で治療を実施しなければ機能的にも美しい歯を手に入れることはできません。

自分の歯並びは気にしていても、矯正への必要性や費用などの不明な点も多く、『なかなか治療へ踏み切れない…』という方は多くいらっしゃると思います。

当院のDrも成人になってから矯正を始めた一人です。 どんな些細なご相談でもお受けします。

お気軽に矯正無料相談へお越し下さい。