診療方針

痛みの少ない治療法
  • 麻酔治療
    個人差はありますが、小さい虫歯でも痛みを感じることあるため、虫歯の治療では原則、麻酔をして行います。
  • 表面麻酔
    麻酔の注射を打つ前に表面麻酔のジェルを塗ることにより、麻酔の痛みを軽減させます。
  • 注射針
    通常使用されている針の中でも極めて細い針を使用することにより、さらに痛みを軽減させることが可能です。
  • 注射速度
    ゆっくり薬液を注入することにより、注入時の痛みを緩和させます。

ただし、歯の状態が悪い場合、通常の麻酔では効かないことがございます。 その場合でも、少しでも痛みを感じる場合はすぐに手を上げてもらい、痛みが感じなくなるまで麻酔を追加して治療を行っております。それでも麻酔が効かない場合は、炎症を抑える薬を使用し、日を改めて治療を行う場合もございます。

歯科治療の痛みは耐えがたいものがありますので、来院回数が一回増えてでも、痛みを緩和できるように治療するのが当院の方針です。

しかし、歯の状態が悪くなれば悪くなるほど、麻酔も効きにくくなりますので、虫歯があると気付いた場合は、なるべくお早めの来院をお薦めします。

痛いのに無理に治療することは決して致しませんので、歯が痛いけど怖くて歯医者に行けないという方でも、安心してご来院ください。

わかりやすい説明

当院では、治療を行うドクターと患者様の信頼関係が最も重要だと考えております。そのため、治療を行うにあたって十分なカウンセリングをして患者様との信頼関係を築き、より安心して治療をうけていただけるよう、カウンセリングの時間をしっかり設けております。

そして患者様にご納得をいただける治療法が確立した上で、治療を行います。

患者様一人一人の立場になり、考えて行動することで、さらに安心して快適な治療を受けていただけるよう、スタッフ一同常に心掛けております。気になっていること、不安なこと、ご質問等、お気軽にご相談ください。

虫歯になりにくくする治療

「歯医者は虫歯になったら行く」
「歯が痛くなったら行く」

皆様、そうお考えではありませんか?
そもそも虫歯にならなければ、辛い思いをして治療を受ける必要もありません。

当院では、「虫歯になったら治療する」ではなく、「虫歯にならないようにする」ということに重点を置いております。

いくら歯を磨いても虫歯になってしまう、という患者様がよく来院されますが、歯の汚れを100%取り除くのは限りなく不可能に近いですので、虫歯になりやすい方はそれでも虫歯になってしまいます。もちろん虫歯を作らないように歯磨きを頑張ることはとても大事なことですが、それは、虫歯になる可能性を少し下げている程度です。

虫歯になる要素としてはいくつかありますが、その中の一例を挙げると、口の中の虫歯菌の数です。口の中の虫歯菌の数に関しては個人差がとても大きいです。

例えば、歯磨きを雑にやっているのに全く虫歯にならない方もよくいらっしゃいます。それは何故かというと、そもそも口の中に虫歯菌がほとんどいないから、という場合が多いです。

そこで当院では、口の中の虫歯菌を減らす治療も行っておりますので、よろしければご相談ください。

お口は体の中にある一番大きな入り口で、そこから飲食や、呼吸をします。口に菌が多いと、食べ物や空気と一緒に菌も体内に取り込むことになりますので、それによって全身疾患のリスクを高めてしまうことがございます。

虫歯もそうですが、歯周病も心配という方は、体の健康の為にも、早めのご来院をお薦めします。

キッズルーム完備

キッズルームを完備しておりますので、お子様がいる患者様でも、安心して治療を受けられます。
おもちゃや塗り絵など、遊具も豊富に揃っております。また、キッズルームがあることにより、お子様の歯科医院に対する苦手意識も軽減できますので、お母様の治療でも、お子様の治療でも、安心してご来院ください。

土日祝日診療

平日お仕事の方でも治療を受けられるように、当院では土日祝日も治療いたします。
水曜日、木曜日の祝日は休診となりますので、ご注意ください。(※通常休診日は水曜日、木曜日)